読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鮑川鮎夢の備忘録

日々感じたことを、オールジャンルで脈略なしで書き綴ります。

やいやい

15日に登壇の仕事がある。

 

自慢じゃないが

俺は登壇などした事がない。

 

人前で50分も喋るなんて

初体験だ。

 

にもかかわらずだ、

何にもやる気が起きないのだ!

 

なぜだ!

 

なんとかなるような気はしている。

でも、そんな甘くはない。

 

50分だよ、50分!

 

話しの構成はできた。

何を、どう話すか。

 

頭の中にはあるけど、

それがしっかりとつながるかどうか。

 

それは、わからない。

 

緊張もするだろう。

基からの早口に磨きがかからないと

いいけど。

 

不安はたくさんあるのに

まだエンジンがかからない!

 

まあ、いい。

 

これから少しずつやっていく。

 

たぶん、月火は真剣にやるだろう。

 

なんとかなるさ。

何とかしてみせるさ。

 

やってみせるさ。

 

 

もっともっと

娘が昨日で7か月。

可愛い。ただただ可愛い。

 

抱きしめると笑ってくれる。

その瞬間を味わえるだけで

幸せな気分になる。

 

昨日の通夜に行った後だけに、

今日はその思いがとりわけ

強かった。

 

仕事上では悩みは尽きない。

 

というより、迷走して収入も

さっぱりだ。

そんな状況を抜け出そうと

いろいろと試している

感じ。

 

その方面ばかり考えると

気が滅入るけど、娘の顔を

見てると自然に笑顔となれる。

 

娘がいてくれて本当に良かった。

 

幸せにする義務がある。

その為に、自分の時間や

快楽は犠牲にしても構わない。

 

これから、もっともっと

頑張らないとな。

生きているから

行きている喜びを噛みしめる。

 

娘の笑顔、嫁の小言、

父親との痴話喧嘩。

 

全て、生きてるからできる、

感じれる。

 

何気ない瞬間が

かけがえのない幸せな

時というのを忘れない。

せつない。。

さぁ、準備万端。

仕事するぞ!って時に

届いた、同級生の訃報。

 

切ない。。。。

 

結局、1時間。

友達への連絡やら、なんやかんやで

手が付かず。

今日、しっかりやらないと

まずいんだけどなぁ。。

 

そんな事はどうでもいい。

 

何かの機会だ、何十年ぶりかに

そいつの事を思い出してみよう。

 

そいつは、わが弱小野球部のエースだった。

 

球が速くないくせに、ノーコン。

なぜピッチャーをしているかわからない

奴だった。

 

性格も活発な方ではなく、どちらかと

いうと暗め。でも、普通よりの暗め。

 

でも、部活も一緒だし、塾も

一緒だったし、なんだかんだで一緒

にいた思い出はたくさんある。

 

中学時代は、そいつの父親の風貌

を揶揄してみたり、母親の事を

少しからかってみたり、本当に

ひどい事をしていた。

 

それについては、謝罪の念しかない。

 

それでも、お互い違う高校を卒業し

大学に入ってしばらくしてから

再会した時には、何のわだかまりも

なく楽しい時間を過ごせたなぁ。

 

あれが、そいつとの一番の

思い出かもしれない。

 

それ以来、ほぼ付き合いのないまま

月日が流れて、久々に会ったのが

3年前の年末。

 

全く覇気がなくて、心配したのを

覚えてる。

それ以降、そいつの話を聞くこと

もなくなっていたが、久々に聞いた

のが訃報だ。

 

38歳。

 

親しかった同級生が亡くなるのは

初めてだ。

明日、そいつの顔を見たらどんな

心境になるんだろうか?

 

もう、そんな年齢なんだな。

普通に、こうして仕事で悩み

いろんな事で一喜一憂できるのは

本当に幸せな事。

 

大それた事だけど、そいつの分まで

しっかり生きよう。

 

そんな風に思っている。

 

 

冥福を祈る。

 

 

だいぶ先の話だけど、また

キャッチボールをしよう。

 

それまでに、コントロール

少しはマシなモノにしておいてくれ。

 

では。

 

とにかくやってみる

昨日は、ブログに関する

とあるセミナーへ行ってきた。

 

かなりとっぽい感じの講師の

おじちゃんの話。

 

かなり濃かった。

 

熱量もすごかった。

やはり、熱さというのは

説得力が加わる。

 

ブログによる集客方法なんぞ

というテクニックではなく。

ブログを書く際の、心構え。

 

それだけ。

 

ブログとはなんぞや、SNSとは?

HPとは?

 

それもわかりやすく伝えてくれた。

 

やはり中小零細はブログ集客は

必須だ。

でも、優しいものではない。

 

その覚悟もできた。

 

いかに自分の色を出すか?

 

分かっているけど、なかなかできない。

 

どうせ見られてないから、

気にせずに自分の見解を断言せよ!

 

勇気がいるけど、やるしかない。

確かにそうだ。

万人に気に入られようと思ったら

結局誰の記憶にも残らない。

 

それでは、書くだけ無駄。

 

書くのなら、意味のあるものに。

そして、自分の為にではなく

読んでくれている人の為に。

 

それを意識してやっていかなくては。

 

このブログも練習台、ウォームアップ

独り言、とはいえ、意識はした方がいい。

 

その氏曰く、ブログは1記事で800文字

は書けと。

でないと、適当に書いたように思われると。

 

これ、なかなか難しい。

てか、かなり難しい。

 

そもそも、自分のように他人の

ブログを読む習慣がなかった

人間にとっては、ブログなど短めの

方がよい。

 

個人的には、500字くらいが

最適だと思っていた。

 

でも、あくまで目安。

そのブログを読んで、何かを感じてくれる

人が居て、ファンが増えていくのなら

それはある意味正解なのだ。

 

絶対正解はないんだ、ブログには。

 

試行錯誤をしながら、一生懸命

やってみようじゃないの。

 

 

徐々に徐々に

ダラダラが止まらない。

 

この湧き上がる眠気は何だ?

とめどなく溢れるだるさはなぜだ?

 

まあ、いい。

 

そんな時もあるさ。

 

とか言いつつ、俺の人生の

8割がたはこんな感じ。

 

これではいかんのだよ。

 

もう一度、新しい仕事がなぜいいと

思ったのか考える。

 

それは、何かを継続してできる

事は一番の結果をもたらすと思ったから。

 

でも、世の中、やり始めて

半年もしないうちに効果が出るほど

甘くはない。

なんせ、10年は停滞してた身だ。

 

でも、徐々にではあるけど

確実に自分の中での変化は感じて

いる。

 

モヤモヤが晴れたわけではないけど

漠然として焦燥感は、ややクリアには

なっているし、素晴らしいと思える

仲間にも巡り合えた。

 

これはとてつもなく大きな前進だ。

 

明日も、その一環。

 

そんな人と巡り合えるのか。

どんな気付きを得られるか。

どんな変化を齎してくれるか。

 

楽しみで仕方がない。