鮑川鮎夢の備忘録

日々感じたことを、オールジャンルで脈略なしで書き綴ります。

苦手だ

ここ最近、人のブログを

見る機会が格段に増えた。

 

それは当然、芸能人の

ブログではない。

 

ベンチマークとする人だったり、

同業の仲間だったり、

セミナーで仲間になった人たちで

あったり。

 

これまで、人のブログを読む

習慣がなかったので、最初は

面倒だったが、だいぶ慣れてきた。

 

しかし、どのブログも

熟読はしない。

本当に目を通すだけ。

 

たぶん、みんなそうだろう。

 

いろんな人のブログを見ていると

確かに個性が出てくるのがわかる。

 

こいつは合わないな。

この人、ちょっとアレかもしれない。

こいつ面白い!

なんか友達になれそう。

 

いろいろとわかってくる。

これも、いろんなブログを読む事に

よって、その目が養われてきた

証拠であろうか。

 

文章力の優劣は仕方ない。

これまでに読んできた本の数や

センスによって違うだろう。

でも、これは書き続ければ

誰でも及第点の部分までは

到達できるものだ。

 

しかし、不思議なものだ。

 

手を抜いているかどうかは、

簡単に見抜ける。

 

何も伝わってくるもの

がないのは、100%手を抜いている。

 

拙い文章でも、気持ちが入っていれば

なんとなく理解ができる。

 

この気持ちを入れるという作業。

俺が一番苦手な分野。

 

強く思う事。

これを毎日、意識しなくては。

 

なんとなく伝えない。

熱い思いを持って。。。。

 

苦手だ・・・。

怒りは無駄よ

夫婦喧嘩のタネは

いたるところに落ちている。

 

ニュースでは、台所のペットボトル

を片付けるか片づけないかで

夫婦喧嘩が始まり、仲裁に入った

息子と父親が口論へ。

その勢いで、父親が息子を

包丁で刺し、搬送。

 

幸い、命は助かったので

良かったけど。

 

この一家の今後は、どんな

雰囲気になるんだろうか?

 

想像もつかないね。

 

でも、なんでペットボトルから

殺人未遂まで発展するのか?

 

理由なんてものはない。

 

ただ、このオヤジの自制心

がないだけ。

酔った勢いで理性を失って

しまう、ただのバカだっただけ。

 

でも、本当に些細なことから

命を落とす事もある。

 

時は戻らない。

後悔が先に立たんのだよ。

 

そうならない為には、

怒りの感情を極力

抑える事。

 

相手を屈服させて快感を

得ているうちは、幸せには

なれんよね。

 

そんな事にも気づかすに、

60、70になってしまうのは

不幸以外何者でもない。

 

でも、そんな人の場合。

 

周りに諭したり、諫めたり

してくれる人もいないのだろう。

 

いてもその意見を聞くこともないし、

なにより、そんな輩に心血注ぐ

必要はないのだ。

 

周囲には、自分の気の合う人が

集まってくる。

 

これは当然の事。

 

気位高く、人にやさしく。

 

それさえ忘れなければ、

きっとそのうち好転するさ、

何事も。

 

FBめんどくせぇ

フェイスブックのプロフィール

写真を変更した。

 

完全プライベートの

このアカウント。

 

しかし、最近は仕事関係での

連絡の為につながった人も

増えてきている。

 

その人たち、基本プライベートは

タッチしていない。

 

でも、FBで友達となっている

以上、その人たちのタイムラインにも

俺がプロフィール写真を変更した

旨の通知が行く。

 

今回、変更したのは

7か月の娘と写した写真。

 

昔からの友達に対してなら

何ら問題ない。

逆に好評なくらいだ。

 

しかし、問題はそれ以外。

 

仕事の連絡事の為に

繋がった人たち。

 

基本は仲間だ。

ネガティブな反応は見せてはいない

 

 

でも、心のうちはわからない。

 

一応、この研修ではFBのアカウントを

プライベートとビジネスでしっかりと

わけろと、と教わっている。

 

それの違反にならないだろうか?

 

とか、不妊治療中の人とかが居たら

どうしようとか。

 

邪推がたくさん入ってくる。

 

俺の考え方は、FBなど好きなように

使えばいいと思っている。

うざければフォローを外すなり

すればいい話だし。

 

 

とか、どうでもいいことを

小一時間考えていたら、

そんな事どうでもよくなってきた。

 

俺が思った以上、

周りは気にしていない。

 

それを気にして、すべての人が

嫌じゃない答えを考えて、

突き詰めると、結局出る答えは

 

何もしない。

 

という事になる。

 

それでは何も起こらない。

 

考えすぎはダメですよ。

これでいいって人とだけ

付き合っていけばいいんだから。

 

 

 

0と1

登壇の仕事が終わった。

 

思った事の半分も話せなかった気がする。

気分的には撃沈だ。

 

一応、一通りは話したけど。

 

落ち着きがなくなる。

早口になる。

余裕がなくなる。

語尾がようわからなくなる。

寝てる奴にムカつく。

 

まあ、話している時は

いろいろと思う所があった。

 

初めてならそんなもんしれん。

 

でも、満足はしてはダメだ。

こんな課題を常に抱えた状態

じゃないと、根っからの

さぼり癖が顔を出す。

 

今回だって、気持ち的に背負ってる

だけで、本格的に取り組んだのは

始まる3日前からだけ。

 

全然やってないのだ。

 

なのに、なんか大仕事をやってのけた感。

 

アホかっての。

 

とはいえ、俺の講演実績に

1ページ目が加わった。

記念すべき事。

 

0と1は全然違うんだ。

 

10人の前で話すなんて、

やりたくてもすぐにできるわけではない。

 

こんな機会をくれた主催者さんに

心からの感謝の言葉を送りたい。

 

そして、拙いセミナーにもかかわらず

その後食事をご馳走してくれた

某社長にも、本当にありがとうを言いたい。

 

セミナー自体はダメだったけど、

人の暖かさに触れて、なんか

気分のいい夜だった。

 

次はもっとうまくなる。

 

またの機会を作らねば。

 

いける

いよいよ当日。

 

あとは当たって砕けろだ。

おおよそのイメージは作れた。

 

でも、実際に人を目の前にしたとき

自分がどうなるか。

あまり想像がつかない。

 

意外と人前で話すのが

上手だと言われたことがある。

 

心のどこかに、人前で話すスキル

が欲しいと思っている。

 

その第一歩になりえる貴重な機会。

 

やってみせるさ。

5分も経てば、緊張ほぐれるだろう。

 

何んとなかるよ、

大丈夫、大丈夫。

 

大丈夫

スタバで原稿書きと

洒落こんでやった。

 

でも、仕方ない。

まんまとスタバの術中にはまって

いるが、少しはやる気が出るんだ。

ここだと。

 

とはいえ、状況は予断を許さない。

まじで、今日中に50分喋るだけの

原稿を仕上げないと。

 

頭に入れるのは、明日と明後日のみ。

 

カンペOKだから、少しは気が楽だけど。

頭に入っているに越したことはない。

 

でもいい。。

楽観的に行こうじゃないか。

 

絶対になんとかなるから。

成功するから。

 

心配するな。

大丈夫。大丈夫。