鮑川鮎夢の備忘録

日々感じたことを、オールジャンルで脈略なしで書き綴ります。

【仕事】について

大学を卒業してからもう15年になる。

一応、社会人と呼ばれるようになってからそれだけの月日が経ったわけであるが、これまでの間、【仕事】を楽しいと思ったことが一度もない。

そもそも自分で認識している限り、仕事というものに対しては本当に消極的な行動しかとってこなかった。就職の際も、希望業界としてはアパレルというものはあったが、心の奥では、深夜まで働くような環境ではない事が最優先だったように思う。そもそも大成しようという野心は全くなかったので、なんとなく15年を過ごしてしまった感がある。

 

自分でいうのも何だが、これまでの仕事(会社ともいう)においてはそれなりに結果を残せたし、何とかやってこれた。自分自身、誇れるほどに努力をしてこなかったし、辛いこと、面倒な事を極力避けて通ってきたにも関わらずだ。世の中の大半の人はそうなんだと思う。俺も、新卒で入ったアパレルの会社に今の在籍していたならば、それなりの地位と年収はあったのであろう。でも、そうするのを許さなかったのは、他ならぬ自分自身。根拠のない自信と、空虚な向上心から転職を繰り返す事になった。

 

しかし、人生において何がどう転ぶかわからない。今思えば失敗と思われる転職をしなければ今の嫁と出会えなかったわけだし、命もなかったかもしれない。仕事を人生の第一事項にする気はこれ以降もないと思うが、仕事を楽しくしない限り人生をもっと豊かにするのは不可能であると、いまさらながらに思った。

気が付けば崖っぷちである。でも、まだ谷底には落ちていない。這い上がるまでもなく、崖から遠ざかり山を登っていくだけで素晴らしい人生を送れる位置に入るのだ。

 

楽しいとまではいかなくとも、やりがいや仲間とともに達成感を味わうような仕事をしていきたいと思う。これからは、自分自身が商品だ。これまでのように、他人のミスからのクレームを気にする必要はない。すべての責任と評価は自分自身にある。

 

望んだ境遇にたどり着いたんだ。やれる事はたくさんある。