鮑川鮎夢の備忘録

日々感じたことを、オールジャンルで脈略なしで書き綴ります。

突き抜けるために必要な事【16年10月度】

毎月12日は、現状から突き抜けるためには何が必要で、何をしなければいけないかを書く日としよう。来月、再来月と書く内容のレベルが上がっている事だろう。楽しみだ。

 

さて、現段階の俺に必要な事は、いろいろと継続させる習慣をつける事。そして、羞恥心を捨てる事。

 

まず、習慣について。圧倒的に知識、経験が足りていない現状を変えるには、それを埋める為に少しずつ知識と経験を積み重ねていかないといけない。そのためには、本当に小さなインプットとアウトプットを毎日続けるほかに方法はない。本を読むこと、人に会う事、そしてブログを書くこと。ここ数年は、自分の頭で考える事をほとんどしていなかったので、それを攪拌することから始めなくてはならない。とりわけ、アウトプットに関しては以前から苦手としている部分であるので、そちらの鍛錬は怠ることなく続ける必要がある。いかに上手なアウトプットができるか否かが、相手に対する印象を決めるものだと思う。そこが上手ければ、とりあえず話はできて次につながる営業ができるはずだ。

 

そして、羞恥心を捨てることについて。子供の頃から、一生懸命はカッコ悪いという価値観が染み付いてしまっている。現状を変えるためにチャレンジするのは素晴らしい事だし、実際に踏み出すことはできている。しかし、いざ人に話したりする段になると、なぜか羞恥心から下手な謙遜の言葉を行ってしまったりする。下手な謙遜は、自信のなさを表すものだし、相手にとって魅力的な人物とは到底思われない行為だ。これは絶対にしてはならない。そのためには羞恥心をすていろいろな事に挑戦する、表明する、発信する。それには勇気が必要だが、このままうだつの上がらない人生を送りたくはない。やってみれば何とかなるもんだ。そのヒントになりえるかもしれないセミナーに、来週参加する予定だ。まだまだペースは遅いけど、着実に前には進んでいるかも。このセミナーに参加するきっかけも、俺の行動から。

 

まず動け、とにかく動け、失敗したっていいから。

何もしない方が、数倍カッコ悪いからな。