鮑川鮎夢の備忘録

日々感じたことを、オールジャンルで脈略なしで書き綴ります。

良質な欲

二日間有意義だった。

 

知らない分野の深い話を聞くのは面白い。自分の引き出しをたくさん準備できるよう、いろんな話を聞いて、本を読んで、レベルの高い人と一緒にいることを心がけようと強く思った。こんな思いを抱けただけでも十分価値のある二日間だった。

 

そして、そのほかに強く思ったことは【欲】の大切さだ。

巷には【欲を捨てろ】系の本があふれている。自分もその類の本を好んで読んでいた傾向がある。でも、なんとなくそれは違うような気がしてきた。強欲なのは良くない、これは間違いない。でも、良質な欲。家族と一緒に旅行に行きたいとか、好きな服がもっと欲しい、いい車に乗りたい、きれいな家に住みたい。これらはしっかりと抱いて、それを達成するために仕事を頑張る。これは好循環だ。

 

自分は車に全く興味がないし、家にも興味がない。でも、それは自分を丸め込むために自分が無理やりに納得させていた結果なのかもしれない。この収入だからこれくらいでも十分だ、十分に幸せだって。それはある。家族間での問題はないし、家に帰れば笑顔で嫁と娘が迎えてくれる。これ以上の幸せはない、これを手に入れているだけで、十分満足に値する。でも、人生をさらによくするにはそれプラスαが必要だ。

 

成功者といわれる人は、それだけ遊んでいる。仕事のストレスも半端ないだろうがそれを一気に解消できるほど、遊ぶときは遊ぶ。自分もそのメリハリが欲しい。やはり気持ち、性格から変革しなくては。もっとアクティブに、もっと社交的に、必要以上に人の目を気にしない事。少しずつ、進めていこう。

 

とりあえず、良質な欲。来年は家族で沖縄と北海道へ行くぞ!

そのために、がっつり稼いでやるぞ!!