鮑川鮎夢の備忘録

日々感じたことを、オールジャンルで脈略なしで書き綴ります。

この仕事に就いて5年。

 

つくづく感じていることとして、行動がワンパターンに陥りがちという事。取引先の数も多くなく、現場は基本的に取引先の工場内が多いので、行く場所も毎日同じなんて状況が続く。

 

当然、仕事の上で会う人も限られる。

 

みなさんどんな人かも理解しているし、幸いにも変な奴はいないので特別嫌な思いをすることはない。しかし、裏を返せば刺激が全くないとも言える。

 

こんな状況が続くとどうなるか。

 

思考スピードが驚くほど遅くなる。

 

知らない人と会う場合、可能ならばその人の事を調べ、今日の商談の本質は何なのかをある程度考えてから会いに行く。そこでいろんな事を考えながら話をするという行為はとっても重要な事だった。

 

考える行為をしないと、自分自身の停滞感が半端ない。とにかく自分に自信が持てなくなってくる。そんな停滞しきった脳みそから出てくる思考はネガティブなものが多くなる

 

「他のみんなは頑張っているのに、俺は置いていかれている」

 

「あの会社に居続ければ、俺は今頃こんだけの年収で・・・」

 

「こんなはずじゃなかったのに・・・。」

 

その状況を打破するための行動はとれた。

まだ手遅れになる前に、なんとか手を打てたことにほっとしている。

人生V字回復を目指す。