読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鮑川鮎夢の備忘録

日々感じたことを、オールジャンルで脈略なしで書き綴ります。

笑顔の意義

娘が産まれて四か月。

 

ようやく気兼ねなく外出ができる

ようになり、嬉しい限り。

 

完全に親ばかであるが

なかなか可愛いわが娘。

結構な頻度で、話しかけられる

ようになった。

 

 

「可愛いねぇ、何か月?」

 

みなさん、ほぼこの質問。

 

でも、これが本当に嬉しい。

 

ただ見せびらかす為に

スーパーへ行こうかと思うくらいに。

 

皆さん、娘に興味があるから

声をかけてくるのであるが、

娘は自分の分身だ。

自分の事を褒められたような

気分になる。

 

そして、わが娘、よく笑うのだ。

声を掛けてくれるおばさま達に

満面の笑みを浮かべるのだ。

 

そうなると、わざわざ5メートルくらい

離れた場所から駆け寄ってくる人も

いる。

 

なんか誇らしい。

 

そんな駆け寄ってきた人に

こんな事を言われた。

 

「両親がいつも笑顔だから、

 この子だって笑うのよ」

 

これまた誇らしい。

 

金はないながらも、家族関係に

全く問題がない我が家。

 

家の中では常に笑顔でいようと

嫁とは話している。

それを褒められたようで、

本当に嬉しかった。

 

肯定的な意識付け、それによる

行動は必ず何らかの好結果をもたらす。

 

すぐに効果が出ない事柄もしっかりと

続ける事だ。

 

今後は仕事中も笑顔でいよう。

 

きっといい結果が待っているはずだ。