鮑川鮎夢の備忘録

日々感じたことを、オールジャンルで脈略なしで書き綴ります。

下請け体質はイヤ

自慢じゃないが、我が社は完全な

下請け体質。

 

ある工場の補修をメインとしている

のだが、この工場関連の受注が

全体の9割を占める。

 

仮に、この工場が閉鎖にでも

なろうものならもうおしまいである。

 

こんな体質になると、いろいろと不都合な

ことがたくさんある。

 

この工場の景気次第でこちらの仕事量も

替わってしまうし。

担当が変われば、付き合いのある業者へ

鞍替えなんて事も容易に考えられるわけで。

 

とにかく、のほほんとしていられない

状況であるのだ。

 

先日もこんな事があった。

 

大きな補修の話があり、見積もりの為に

現地調査が必要だった。

この調査の為に、会社側へ申請が必要なの

だが、これは担当氏の仕事。

この担当氏が申請を忘れ、その日一日

何もやる事がなくなってしまった。

 

おいおいおいおいおい。

 

激しく突っ込みを入れたい気分だった。

 

この時代、下請け体質で生き残るには

問題がある。

 

やはり自分で集客して、自分でお客を

見つけれるスキルは身につけておきたいものだ。

 

今なら間に合う。

 

頑張れ、おれ。