鮑川鮎夢の備忘録

日々感じたことを、オールジャンルで脈略なしで書き綴ります。

【寛大な心を持ちたい】

過剰な敬語をよく聞くようになった。

 

夕方に放送されてるローカル番組。

毎日、飲食店の紹介コーナー

があるのだが、そこでインタビュー

されてる店長の話なんか顕著だ。

 

「今年の三月にオープンさせて頂き

 まして。○○港で獲れた新鮮な

 魚介類を仕入れさせて頂きまして

 それを料理させて頂いて、お客様

 に提供させて頂いてます。」

 

誰に、そんなにへつらわなければ

いけないのだ?

 

まぁ、消費者全般ですよね。

 

お客様第一主義はいいとして、

それがどうも一部消費者を

つけあがらせる結果となって

しまった事も否めない。

 

それを恐れると、店側は安全な

対応を取らざるを得なくなり、

現在のような状況を招いたの

だろう。

 

そんな状況を引き起こした

のは誰だろうか?

自分は大手GMSだと思う。

 

いつからか、レシートなくても

返品受けますとか、とにかく

売り上げを上げたいが為に

お客の都合を過剰に優先

するようになっていた。

 

最初は恐る恐る言い出していた

消費者も、言ってみたら簡単に

返品に応じるもんだから、

訳のわからない要求をしだす

輩も現れる。

 

福袋の中身が気に入らない

から返品したい、って言って

きたばあさんに、何の説得

もせずに返品に応じるGMS.

 

今から15年くらい前の

話しだが、なんとなくこれくらい

から過剰敬語が聞かれるように

なった気がする。

 

かく言う自分も、寛容さに欠ける

言動をする場面が多々ある。

 

午前中指定の荷物が届かなかった

らイライラするし、店員の挨拶

がなかったらムッともする。

 

でも、そこで怒らずにやり過ごせる

寛大な人間になりたい。

 

そんな事を思った、11月18日。