鮑川鮎夢の備忘録

日々感じたことを、オールジャンルで脈略なしで書き綴ります。

忘年会行ってきた

今年一発目の忘年会。

 

まあ、今の俺はそんなに忘年会に

出席することはないのだが。

 

役職が上になったり、

肩書がついてきたりすると

ついて回るのが付き合いで

行く飲み会だ。

 

毎回、話の内容は同じ。

メンバーも一緒。

 

近況報告で、なにか楽しい話とか

有益な話があればいいけど、

そんなんもなくてね。

 

ただ金だけが飛んでいくみたいな。

 

でも、そこに出席してくれと

頼まれるのがステータス。

祝儀と称して、多く金を置いていく。

それもステータス。

 

本人も誇らし気持ちにもなるんだろうけど。

 

俺はちょっとね、そうゆうのは。

 

普段はゴーストタウンのような

駅前も、今日は人が多かったね。

 

こんな光景が日本中で

繰り広げられてるんだね。

 

こうやって経済は回っている。

稼いでいる人はいる。

 

自分の価値観だけで、物事は判断しちゃダメ。

 

出席する事、誘われることは幸せな

事なんだよ。