鮑川鮎夢の備忘録

日々感じたことを、オールジャンルで脈略なしで書き綴ります。

メンター

【メンター】

 

仕事や人生の指導者、助言者

という意味らしい。

 

この言葉、よく耳にするけど

見つけるのってかなり難しい。

 

自分も今のところ、それに

該当する人には巡り合っていない。

 

しかし、巡り合えないと嘆く前に

自分自身が巡り合う努力を

したかどうか考えてみる。

 

助言や指導を仰ぐのだから、

心から尊敬ができる人でなければ

ならない。

 

そのような人がいそうな場所に

出かけて行ったかどうか?

そもそも人の事を見下して

尊敬とか尊重するという

概念を持っていたかどうか?

 

どうも、メンターに巡り合えて

いないのは自分自身にも

大きな原因がありそうだ。

というより、自分自身の問題だ。

 

何かをとことんやり抜いた事がない

典型的なダメな奴だ、俺は。

ただ、それでも一定の評価をして

もらっていたことも多々ある。

それを悉く不意にしていたのも

事実。

そんなの、思い起こせば結構ある。

 

あの時、何で逃げたんだろう?

何がそんなに恥ずかしかったのだろう?

 

自分の成長を阻害してきた

一番の要因は、変な見栄と

羞恥心。

 

一生懸命がカッコ悪い、

知らないのがダサい

 

この2つの感情が自分の

成長の機会をミスミス逃してきた

原因だ。

 

これからは、なりたい自分になる

為に泥臭く。

知らない事は知っている人に聞く。

 

メンターとなりえる人に出会えたのだ。

自分でそこに出向いて行ったじゃないか。

 

必ず何とかなるよ。