鮑川鮎夢の備忘録

日々感じたことを、オールジャンルで脈略なしで書き綴ります。

来年は

今日で仕事納めだ。

 

納めるというほど、仕事がなかった

この一年。

おかげで違う道にも目が向いて

世界が広がったとも言える

一年だった。

 

仮に今年が、年初から仕事が

好調でそれなりに満足していたら

新しい道に向いていたか?

そして、一歩を踏み出したか?

 

たぶん、そうなってはいない。

 

人生は不思議なものだ。

何が災いし、何が好転するかは

わからない。

 

思えば、去年は初期のがんが見つかった。

でもそれは、いろんな事を考えるきっかけ

ともなった。

そして今年、そのいろんな事を考えた上に

仕事が絶不調。

もっともっと、いろんなことを考える事となった。

 

そんな時に出会った、新しい仕事。

 

その説明会があると知って、わざわざ

旅行の日程を変更したくらい。

それくらいに、感じるものがあったのだ。

 

まだ結果は出ていないが、それは仕方ない。

 

他人が見たら無謀と呼ばれるチャレンジ

かもしれない。

 

でも、俺にはできる。と思ったから

一歩を踏み出したのだ。

おかけで、今まででは到底知り合う事の

できなかった高レベルの人と交わる機会

を得ることができた。

 

これは間違いなくプラスだ。

 

【来年はいい年にしたい】

 

切に思う。

でも、今年はそれだけではない。

 

【いい年とはどうゆう年だ?】

 

これまで落とし込んで考える。

 

今までとは、まるで違う世界が

広がる事となるだろう。

大海原へ漕ぎだすのも、家で

うじうじしてるのも、自分の

決断次第。

 

俺は、大海原へ出ていく。

 

その先にある、素晴らしい未来を

信じて。