鮑川鮎夢の備忘録

日々感じたことを、オールジャンルで脈略なしで書き綴ります。

前向きに

危機感と焦りは表裏一体。

 

行動を起こすきっかけには

なるかもしれないが、

焦って冷静さを欠いてしまっては

かえってひどい結果になる事も。

 

今、それになりかけているかも。

 

でも、まだ冷静な自分もいる。

俺の状況を理解してくれる仲間も

いる。

 

だから平静でいられるかもしれない。

 

とはいえ、のんびりしている場合

ではない。しかるべき行動は

起こさなければならない。

 

幸い、現業が比較的好調。

金の心配は当面なさそうだ。

 

この機会に、新規事業の方で進展を

図りたい。我ながらのろまだと

思うが、一応前には進んでいる。

 

初の商談のアポが取れた。

これは大きな一歩。

 

場を設けてもらえれば、

人と話をすることに何の

苦手意識はない。

 

自分が素晴らしいと思った

このサービスの良さを存分に

伝えるだけだ。

自分の思った事をストレートに

伝える事。

背伸びはすぐにばれる。

中身のないものは仕方ない。

それなりに、今できる事。

お客に貢献できることを

しっかりとプレゼンする事。

 

思えば、こんな機会は久しぶり。

サラリーマン時代は毎日やっていた

商談も、なんか新鮮な気持ちで

望むことができる。

 

まずはテメエがその気にならなければ

相手に良さなんか伝わるわけがない。

 

話しはそこからだ。

 

嘘でもいい。

前向きな気持ちにしかならない。