鮑川鮎夢の備忘録

日々感じたことを、オールジャンルで脈略なしで書き綴ります。

0と1

登壇の仕事が終わった。

 

思った事の半分も話せなかった気がする。

気分的には撃沈だ。

 

一応、一通りは話したけど。

 

落ち着きがなくなる。

早口になる。

余裕がなくなる。

語尾がようわからなくなる。

寝てる奴にムカつく。

 

まあ、話している時は

いろいろと思う所があった。

 

初めてならそんなもんしれん。

 

でも、満足はしてはダメだ。

こんな課題を常に抱えた状態

じゃないと、根っからの

さぼり癖が顔を出す。

 

今回だって、気持ち的に背負ってる

だけで、本格的に取り組んだのは

始まる3日前からだけ。

 

全然やってないのだ。

 

なのに、なんか大仕事をやってのけた感。

 

アホかっての。

 

とはいえ、俺の講演実績に

1ページ目が加わった。

記念すべき事。

 

0と1は全然違うんだ。

 

10人の前で話すなんて、

やりたくてもすぐにできるわけではない。

 

こんな機会をくれた主催者さんに

心からの感謝の言葉を送りたい。

 

そして、拙いセミナーにもかかわらず

その後食事をご馳走してくれた

某社長にも、本当にありがとうを言いたい。

 

セミナー自体はダメだったけど、

人の暖かさに触れて、なんか

気分のいい夜だった。

 

次はもっとうまくなる。

 

またの機会を作らねば。