鮑川鮎夢の備忘録

日々感じたことを、オールジャンルで脈略なしで書き綴ります。

0と1

ブログを書き始めて、約10か月。

 

結論から言えば、何も変わりはしない。

それはそうだ。

 

【何かを伝えたい!】

 

そんな気持ちで書いていないからだ。

 

どこかの自己啓発者や、誰かの言った言葉の

受け売りである事は、読者にはすぐわかる。

書いていても、つまらない。

 

そんな文章が、心に響くはずもない。

 

魂の入っていない、

無機質で骨格すらない文章は

書くだけ無駄。

 

いや、無駄とは言えない。

自分自身、どんなにやる気がなくても

何かを続けるという事については

少しだけ意義を見つけ出すことができたような

気もする。

 

そもそも、ブログを書き始めた目的は

副業的に始めたコンサルの集客の為だ。

 

とあるFCに加盟して

副業的に儲けて、ゆくゆくは本業へシフトしようと

目論んでいた。

 

しかし、その目論見は脆くも崩れ去る。

 

ド素人がコンサルをやろうって

考えも甘かったかもしれない。

 

でも、このFCに加盟してみて

世界観が変わった面はある。

 

コンサルなんて、さほど難しく考える

必要もないという事。

 

コンサルで結果が出るか出ないかは、

結局はクライアント側が

実際に行動するか、しないか。

 

それだけにかかっている。

 

コンサルの養成講座と銘打っている

このFCの研修は、まあお粗末そのもの。

 

ろくに研修らしい研修も

しないまま、クライアントを獲得してこい

と来たもんだ。

 

このFCに加盟した人のバックグラウンドは

様々だ。

 

元からコンサルをやっていた人もいるが、

それは少数。

 

ほとんどが、コンサル初心者。

士業やコンビニ経営者など。

職人をやっているのは、さすがに

自分だけだったが。

 

 

FCに加盟するわけなので

当然、加盟金を支払う必要がある。

 

その金額に対して、

加盟する側の期待値と、

本部側の価値観が合わないと

そこには不満が生じる事になる。

 

30人ほどいたFC加盟社。

 

私の肌感覚だが、満足しているのは

せいぜい3人。

他の大多数は、不満を持つ結果となっている。

 

高い金を払って、FCに加盟した以上

本部側からの働きかけがあるのが前提で

フォローをすべきだと思う。

 

しかし、ここにはそれがない。

 

こちらからアクションがなければ

本当に何もない。

 

本部の人間とは、ここ半年ほど

会っていない。